スポーツ後や睡眠不足におすすめ

2018年4月25日水曜日

男性セラピストによるアロママッサージをおすすめします。

アロママッサージとは
アロママッサージは、当然ですがアロマオイルを使用します。アロマの芳香成分による血行促進や代謝増進など、からだに働きかけると同時に、心にも大きな癒しとリラックスを感じ取ることができます。

アロママッサージの効果
内臓の働きを高め、新陳代謝を活発にして、むくみや冷えなど足のトラブル解消に最も効果的です。継続することで痩せやすい体をつくります。血液循環とリンパ液循環を促し、疲労や不調の原因となる体内の老廃物を取り除く効果があります。内分泌を向上し、消化器系器官を正常に働くようにします。眠りが深くなることで、不眠症の解消にも役立ちます。高血圧にも効果があり、循環系を調整しながら血圧のバランスを是正します。

2018年4月6日金曜日

男性セラピストによるアロママッサージの効果

男性セラピストが施す美容マッサージは女性のお客様の体から多くのホルモンを分泌させます。その中の一つ成長ホルモンは筋肉を引き締め代謝を高めます。そして女性ホルモンはメリハリがある女性らしいボディーラインを生み出します。その相乗効果は通常のオイルマッサージ以上の効果を引き出します。

女性らしいスタイルになれます。女性がダイエットに取り組むとただ痩せるだけで女性らしさに欠けるスタイルになる事があります。美容ホルモンマッサージではマッサージを通して女性らしいスタイルを手に入れてもらいます。バストは大きく、形を整え。ヒップは柔らかさの中で、キュッと引き締め。ウエストも引き締めてきれいなお腹のラインを作ります。 

2018年4月4日水曜日

ホルモンバランスの調整におすすめです。

ホルモンバランスの調整に

健康的で心身ともに充実した日常を送るために、特に必要とされるのがホルモンバランスです。ホルモンバランスの乱れは20代の女性から起こる事ですが気が付かずに日々を過ごす方が多く、実感として顕著に現れるのは30代半ば~40代となります。気が付いたときにはメンタルにも影響して「何だか会社が辛い」「いつもイライラしてしまう」という症状から抜けきれなくなってしまいます。なので少しでも早い時期からのケアが必要という訳です。

特に影響を与える女性特有の2種類のホルモンバランスが崩れる事で不調を引き起こすと言われています。月経周囲に伴いこの2つのホルモンが増減しますが、20代後半~30歳程度をピークに安定期は過ぎていき、どうしてもバランスが狂ってしまいます。そのため2つのホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の分泌を促して安定を求めるのですが、例えば生理前に欲しくなるのは本能的なものであり当然の欲求です。ご自身が意識するかに関わらず、この欲求を抑圧し過ぎると、抑圧そのものが不安・イライラを招き、悪いスパイラルに入ってしまいます。そうなる前にご自身を潤してあげる時間を持ちましょう。


男性セラピストによる女性用風俗。垂れないバストマッサージを行います。胸の大きな女性にはおすすめ。福岡を中心に出張専門の女性向け性感マッサージ。

男性セラピストによる垂れないバストマッサージを行います。特に胸の大きな女性にはおすすめです。福岡を中心に出張専門のメンズセラピストとして活動しています。男性セラピストの施術にはヒーリングパワーが身体に入りやすく、大変気持ちがよく、大きな手で全身を包み込まれる感覚は、大勢のリピーターから絶大な人気があります。施術(トリートメント)に使用する精油は100%天然のアロマオイルです。

アロマでストレス解消

幸せの概念は人それぞれだと思いますが、逆に幸せでない状態とは何か。それは、我慢できない、逃げ出したい、つまりストレスから解放されたいと心身が悲鳴をあげている時であると思います。ストレスとは、医学的にいうと「なんらかの刺激が体に加えられた結果、体が示したゆがみや変調」のことです。そして、その原因となる刺激のことを、ストレッサーと言います。個人によってストレスには許容範囲があります。我慢できなくなると逃げ出したくなります。初期症状は、頭痛や腹痛として現れてきます。しかし、逃げることが出来ない、または逃げられないと思っていると、心と身体のバランスをとる為に身体は腰痛や肩こりを選びます。その緊張により筋膜が引っ張られ、身体の動きも制限され、姿勢も悪くなっていきます。そして眼精疲労、全身倦怠感、不眠などの、いわゆる不定愁訴が顕著に現れてきます。


ではそのストレッサーを排除すればいいのですが…。ストレスの原因調査では、女性は特に人間関係、男性では仕事内容が一番の原因になっているとのデータがあります。これはそんな簡単に排除できるものではありません。社会に生きる以上、人付き合いは必ず必要ですし、仕事を辞めるという訳にもいきません。ですので我々人間は、ストレッサーに負けない身体を作るしかありません。前述通り、個人によってストレスには許容範囲があります。すなわちストレスをコントロールできる身体を作ればいいのです。